サーチエンジン
2009年06月:靴の旅人
yousukeも所有しているグローブトロッター サファリシリーズ!ホントおしゃれ。ネットの方が安いくオススメ!こちらは18インチトロリーです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はスコッチグレインで出社しました。
DSC00812.jpg
金曜はやはり足がむくむ傾向があるんで、ゆったりめの靴がいいですよね。
いうまでもないですがこのインペリアルⅡは3Eなんで個人的にはジャストサイズの方がよいかな?
と思います。
私のように一回り大きいとやはり大振りな靴のように見えてしまいますし。

こじんて気にはこのインペリアルはエドワードグリーンのガドガンに似ていますからやはりベストは
ジャストサイズがいいと思います。
しかし紺のスーツにはバーガンディが合う、と思ってましたが以外や茶も会うんですよ。
スポンサーサイト
DSC00813.jpg

雨の合間を縫って今日は曇り、とのことなんでクロケット&ジョーンズのコノートを履いてきました。
しかし電車内で悲劇が!

なんだかねちょねちょする・・・

は!

見事ガムを踏んでしまいました(泣)それもヒール。

革のソールでガムを踏むと悲劇ですよねぇ。
久しぶりのコノートだったのに!
取り合えず歩きながらかかとをこすりながら歩いた為大分取れたんですが気分が悪いですね。
梅雨時期は靴の替えが利かないんで結構やりくりが大変なんですよ。

でもこのコノート、大分足になじんできました。噛み付きのようなものもなくなってきましたし、
ソールのしなやかになっているように思います。これってただ、ソールが磨り減っているだけかな?
とも思うんですが触った感覚ですとまぁ、まだ大丈夫そうです。

クロケット&ジョーンズって共通しているのがヒールがすべることだと思いますが、ガムのおかげ?で
ちょっと滑らなくなりました。

【靴メンテナンス】 梅雨のお手入れ

梅雨のお手入れ

最近は雨が降ったり止んだり。さすが梅雨ですね。
この梅雨、靴などの革製品は嫌な季節であります。
特に私みたいに雨靴が1つダメになっている状況ならばなおさらです。
今年は私は雨靴1つに対してチーニーのダブルソールの2つの靴を梅雨用に使ってます。
理由はダブルソールですとソールから雨の染みが入ってこない(きづらい)為です。

こちらはシングルソールのJMウエストンです。ソール、薄いですよね。これでは雨の日はイチコロです。
コバ完成

こちらは角度的にちょっと見づらいですが、チーニーのダブルソールです。
DSC00909.jpg

いわばダブルソールというのはソールが2重(2枚革を使っている)構造になっているソールを指します。ソールが2重なんです。だから雨にも強い、というわけです。
とはいえ、ダブルソールも雨にぬれ続けていると痛んでしまう(革が硬くなっている、かびてしまう)といった問題が出てしまいます。

よってこの梅雨時の靴のメンテナンスをご紹介します。
なお、あくまで私流なんで自己責任でお願いします。

① 同じ靴をはかない 
この時期、同じ靴を履くのはNGです。ムレてしまいますので最低2日おきにでも履いてください。
シューキーパーは履いた後入れるか、もしくは1日経ったあと入れるといいと思います。

② レザーソールは手入れが必要
シングル、ダブルソールのレザーソールは雨にぬれ、乾く際に革本来の水分、油分が蒸発してしまい
硬くなってしまいます。よって手入れ方法は以前ご紹介したやり方、ソールの手入れ
ご参考にして下さい。

③ 靴がぬれた場合は新聞でくるみ、水分を取る
靴が濡れた場合まさかそのままにしてませんよねぇ。そのままはNGです。変な癖がついてしまいます。
必ず新聞紙などの包み、通気性の良い、日陰で陰干しをして下さい。ある程度乾いた場合は新聞紙でくるむ必要はありません。
しかしこの時期、梅雨なのに陰干しできるところなんかあるのかよ!って意見が必ずあると思いますがそこはうまく場所を探してください。内の場合は玄関の壁に新聞紙で来るんだ状態で立てかけております。シューキーパーも中が濡れている場合はいれず、一日は新聞紙で代用します。新聞紙はこまめに変えてください。

④ 干す際は日向は絶対避ける
色の薄い靴、特にブラウンやバーガンディなどの色の靴は日光で色が落ちてしまう(退色)してしまうkと事があるので必ず陰干しにして下さい。
私の靴も何足か、退色したことがあります。
退色した状態でまたつやを復活させようとすると結構大変なので注意が必要です。

⑤ 色の薄い靴をはかない
私の場合はスコッチグレインのインペリアルや、JMウェストン、ベルルッティなんかは雨染みができてしまう為NGです。まず天気が悪い時は履きません。

⑥ 雨染みが出来たら雑巾などでリペア
若し雨染みが出来た場合、固く絞った雑巾などで染みをぽんぽんとたたきます。しみが浮き始めますので染みを広げるような形でやさしく広げていくような形で拭いてください。

⑦ 最後はこまめな手入れ
なんといっても最後はコレ!こまめなケアが差が出ます。間違いありません。普段よりクリームを塗る頻度を少しだけ多くしてみてください。

とまぁこんな感じです。梅雨は日本で住んでいる以上絶対避けられないものなのでうまく付き合って
梅雨を乗り切りましょう。
DSC00920.jpg
今日は雨が降っていたのでエトスクラブで出社しました。
しかし昼になったらなんと雨も上がり晴れている!
うれしいのやらなんやら。
エトスクラブは正確には雨靴ではないんですが革が水をはじきやすいんで雨靴にしてます。
アクティブウォーキングソールも減りが少なくて、経済性も高いソールで、履き心地も
いいです。なんといっても疲れないし。ただね、正直晴れの日に履こうとはあまり思わないのです。

ちょっとぽってりしたデザインなのかも知れません。
コバの張り出し方もちょっと大きいし、ヒールのコバもアレンエドモンズみたいで正直あまり好きでは
ないです。
他のエトスは分からないのでなんともいえませんが3万円台のエトスでは正直な感想はこんな感じです。
あと1万円でも良いので価格アップでデザイン性が欧州の靴のようになったら、非常にいい靴になると思います。
8万円以上のセミオーダーはわかりませんが。

以前見た三陽山長の8万円台のプレステージなラインの靴も作りはすばらしいと思いますし革質もいいと思います。シームレスヒールで非常にこった作りでしたが、コバの処理がちょっと・・って感じでした。またヒールの食いつき、土踏まずのホールド感なんかはその後に履いたエドワードグリーンに
残念ながら劣っていました。

近代的な靴の歴史では日本も欧州もそれほど差がないとは思っていたんですが、結構違うものだな?とそのとき思ったわけです。

また以前銀座ヨシノヤでオーダーのサンプルを見せてもらったことがあります。これも非常に綺麗な靴ですが、やっぱり何かが?足りないんですよね。。
そのときのフィッターの方がおっしゃってましたが、国産と外国の靴では、例えば同じデュプイの革でも質がやっぱり異なるのだそうです。産地に近いヨーロッパの方が良い革をたくさん使え、あまったものが日本に来るのだとか。実際は私も見ていないので分からないんですがね。
こう考えると日本の靴もやっぱりまだまだなところがあるんだなぁと改めて思いました。

DSC00909.jpg
今日はチーニーのストレートチップにしました。
昨日は黒のストレートチップだったんで、チーニー続きであります。
なんでチーニーにしたか?というと結構トゥのつやが良かったんで目にとまったからです。
チーニーでも黒とバーガンディでは微妙に違うんですよね。革質も木型も。
細部が異なるんですよ。
この靴も4年目になりますのでこれからも大事に履いていきたいです。
トゥに傷が出来ていますが黒のクリームを塗りこんで、これも味?って感じに仕上げてます。
靴なんで当然傷つきますしいずれは捨ててしまうことになると思いますが大事に使って
いきたいです。
登場回数なんかを考えるとチーニーってやっぱり多いんですよね。
私のレベル的にはチーニーがもっとも使い勝手がいい靴?ってことでしょうかね?
コストパフォーマンスもいいですし。

ところでチーニーですが、昔はセレクトショップご用達って感じでしたが今は伊勢丹でも売ってるんですよね。

靴日記

雨靴がない

DSC00750.jpg
スコッチグレインのシャインオアレインを修理に出している為、雨靴がありません。
よってダブルソールのチーニーで今日は出社しました。
革靴を雨で履くとソールが硬くなり滑りやすくなるんで嫌いなんですがまぁ仕方ありません。
このチーニーのストレートチップはガラス革のようなポリッシュ革なんで雨を多少でもはじいてくれるんで重宝してます。
これから梅雨ですから雨靴が無いのはちょっと心もとないです。
長年使っていたリーガルもそろそろ出す必要がありそうです。

ベルルッティ0108
今日は職場にベルルッティを履いていきました。
これで通算3回目です。
満員電車で踏まれたりするんであまりはいてこなかったんですが最近さすがにもったいないと
思うようになりました。
よってはいてみます。
大分慣れてきたんで痛さがなくなってきました。
当初はマッケイの地面との距離感(近さ)が気になってましたが最近はあまり気にならなくもなってます。
しかしベルルッティってワックスだけでメンテよいんでしょうか?
最近乾いているようにも思えます。
さて、DSC00812.jpg
本日は出張ということもあり、多少緩めの靴をチョイスしました。
スコッチグレインのインペリアルです。
この靴朝は結構ユルユルですが、夕方はちょうど良くなります。

購入した際はこれでいいかな?と思っていたんですが見事に緩いです(笑)
フィッティングは難しいですね。

本日は横浜ですが茶色の靴と万双のボストン(茶)で合わせてみました。
やはりフジカーフのキメの細やかさ、テカリ具合は素敵です。

DSC00811.jpg
本日はクロケット&ジョーンズのベルグレーブで出勤しました。
履いてそろそろ3年半程度ですが、左が若干かかとがゆるくなっているように思えますね。
靴って長く履くものなので何年か後を考えないとダメなんでしょうね。
そうなるとスコッチグレインのインペリアルは結構ゆるいんで数年後ははけないかも知れません。

ひもを変えた効果は非常にテキメンでしまった印象を与えます。

しかし同じクロケットでもコノートとは革の質まったく異なります。
こちらのベルグレーブの方が革がやわらかいんですよ。
靴としても細身で(しかも細身過ぎない。トンガリ靴ではない)為飽きがこない作りです。
しかしそろそろヒール交換が必要な感じです。
今回はどこにだそうかな?
同時にトゥのゴム貼りもやってもらおうと思います。

  

プロフィール

yousuke

Author:yousuke




靴の旅人の管理人、Yousukeです!
現在14足持ってます。ここ2年ほどは新作の購入はありません。
靴以外では、万双等の革製品が好きですね。
車は先日買い替えBMW525に乗ってます。
こちらのメンテも手がかかりそうです。
メンテの好きな性分のようです。



Googleで検索!


靴好きは必読!


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム


プライバシーポリシー

靴の旅人では、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、http://www.google.com/privacy_ads.htmlを参照してください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。