サーチエンジン
2009年01月:靴の旅人
yousukeも所有しているグローブトロッター サファリシリーズ!ホントおしゃれ。ネットの方が安いくオススメ!こちらは18インチトロリーです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC00687.jpg
本日は土曜出社でしたがスーツで出社しました。
紺のスーツと週末で疲れがたまっていたこともあり、なるべくゆるいスコッチグレインのインペリアルⅡで出社しました。
疲れたときや、少しゆっくりと仕事をしたいときにはぴったりな靴ですよね。
しかし最近のスコッチグレインは細身の靴も出しており、必ずしもゆるい、というイメージではないんですよね。
特にこのインペリアルシリーズはスコッチグレインでも最高峰の部類に入るため、シューキーパー付属、おまけ多数、といった豪華仕様です。

わたし個人的にはこのインペリアルは形が好きでよく履いています。
特にソールのトップがゴムなんで消耗せず気に入ってます。
ただ、好みの問題とは思いますがこちらの靴を買う際、ジャストサイズか、少し小さ目が良いかも
知れません。
結構伸びやすい革ですので店員さんに相談したほうがよいでしょう。
銀座の直営店では一人一人のカルテを作ってくれ、シューフィッターが的確にアドバイスしてもらえます。
お店の感じも落ち着いていて気に入ってます。

スポンサーサイト

【靴紹介】エドワードグリーン

エドワードグリーン ドーバー

ドーバーAA


さて、最近欲しい靴がエドワードグリーンのドーバーです。
このドーバー、昔はあまり好きでは有りませんでした。
ただ、雑誌、ネットではエドワードグリーンの好きなモデルで必ず上位に上がりますよね?
この間実際に試着してみたんですがこれが結構いいんですよ!
JMウェストンのサビルラインのような硬いフィッティングではなく、あくまでくるまれたような
感覚なんですよね(うまく言えず申し訳御座いません)。
ただ、個人的にはビジネス向けではないと思います。
ラストはわたしの試着したものは32でしたが、他にもありますよね。
ステッチといい、革の質感といい、ほんとに良い靴ですね。
ただ、革がやわらかい(弱い)ようなので耐久性には難があるかも知れませんね。
1足目というよりは2足目のエドワードグリーンといったかんじでしょうか?

DSC00674.jpg
本日はJMウェストンのサビルラインのキャップトゥで出勤しました。
サビルラインは2つ持ってますがこちらはサイズが少し小さめになってます。
購入当初は指が痛く我慢できなかったんですが今は逆に快適です。
高島屋の店員さんに感謝ですね。
先ほど気づいたんですがヒールカップに傷をつけてしまいました。銀面を超えて
うっすら白くなってます。あーショック。
DSC00675.jpg
クリームでごまかせそうですがよくよく考えると足に履くものなんで傷も味のうち?って思えないと
ダメでしょうね。
しかしこのキャップトゥ、なかなかエレガントなラストでコバの張り出しも少なくすっきりとした印象です。
ミシェルペリーのデザインですがJMウェストンはミシェルペリーのデザインになってからがわたしは好きです。
クリスバングル以降のBMWみたいなもんでしょうか?
個人的にフランス靴はイギリス靴の次に好きです。日本ではあまりメジャーではないのが残念ですね。最近はなかなか購入できませんが次に狙うのはやはりJMウェストンのサビルラインか、
エドワードグリーンのドーバーです。
ドーバーは確かに気になるモデルで、買うならラスト32の茶色かな?
って考えてます。


DSC00673.jpg
本日の靴はJMウェストンのモンクストラップです。
この靴、トゥが絶妙なシェイプで気に入ってます。
色もバーガンディにムラのある仕上げで気に入ってます。欠点としてはソールが薄いため
雨には間違いなく弱いこと、独特の仕上げのためクリームは無色もしくは白のみ、退色した場合は
ショップに持っていく必要があることでしょうか?
実はモンクはこれが初めてなんですがベルトの穴あけはJMウェストンではお店でやるんですよね。

調整した場所をマジックでしるしをいれ、ポンチのようなもので穴を開けます。
時間は20分程度ですが確かに微調整可能なんでこういうものなのかと逆に納得してましたが
スコッチグレインなんかでは調整はゴムになっていたみたいです(ダブルモンクの場合)。

ヒールは高めなんで転びやすいです(笑)
DSCF2644.jpg

ダミエグラフィット
のアジェンダPMです。
もともとノマドのアジェンダビューローを持っていたんですが、ちょっと大きいんですよ。
オフの時は鞄が小さくなるんで手帳が入らないんですよね。そういったときに重宝しているのが
このグラフィットのPMです。
当初通常のダミエにしようと思ったんですがなんとなく男性的でマッシブなイメージがあったため
こちらにしました。
市販のリフィールがあうものが今のところ無いので今度探しに行きます。
通常のダミエと同じで汚れもつきづらく、手帳カバーとしては良いですよ。
また持っている人が少ないので目立ちますしお勧めできますよ。

DSC00665.jpg

本日はJMウェストンのサビルラインの茶色で出勤しました。
この靴最近は値下げしているそうなんでお買い得だと思います。
基本的に私は週初めは黒靴で行くことが多いんですが今週は火曜スタートだったため
水曜の今日がこの靴が登場です。
買った当初はすばらしいフィッテングで驚いたものですが2年も履いてくるとやはり多少ゆるくなってきます。
もう一つのサビルラインの黒のキャップトゥはいまだにきついですね。
どちらが正解なのかはまだわかりません。
JMウェストンは伝統的にキツメを薦めるそうです。今きつくても数年後ベストのフィッティングを
保てるからだ、とか。
ただし、やはりウェストンで聞いたんですが黒い革と茶系の革ではどうしても染料の問題で茶系の
革のほうがやわらかくなるそうです。
なので茶系は少しサイズを落としてみてもいいのかもしれません。
私がこの靴を買ったときはキャンペーン中でシューツリーがサービスでした。
DSCF2292.jpg
今日は週初めなんでクロケット&ジョーンズのコノウトで出勤しました。
このコノウトもそろそろ4年目ですが右足の親指付け根部分がアタリがあり、痛いです。
正月にトゥを鏡面磨きしたんでそこそこ綺麗になっております。
丸いトゥ、非ロングノーズというどちらかというとクラシックな佇まいですが、月曜などに履くには
ちょうど良い一足です。
ちなみにこのコノウトは今のところトゥの補修のみでまだリペアは行っておりません。
そろそろヒールを修理し、いずれはオールソール交換でしょうか。
オールソール交換の際はチャネル仕上げにしたいですねぇ。

【靴メンテナンス】ワックス

靴のヒール磨き エトスクラブ

お次は
エトスクラブ
を磨きます。
これはある、テーラーの受注生産品の靴で納期に3ヶ月ほどかかりました。
思っていたよりでぶっとしてますが、雨用と考えると別に悪くないと思ってます。
トゥは今まで磨いてきたんですがヒールは磨いたことがありませんでした。
DSC00666.jpg
わかりますかね?実際見ると顔が映るくらいになってます。
雨用の靴としてはなかなかのものではないかな?と思ってます。
ちなみにワックスはJMウェストンのものを使ってます。

【靴メンテナンス】ワックス

ヒール磨きは重要です

私の中で最近のマイブームがコバ磨きとヒール磨きです。
この二つ、今まではどちらかというとスルーしていた(というよりめんどくさかった)のですが、
ヒール磨きってホント重要ですね。
まず写真を見て下さい。
DSC00662.jpg
これは最近よく登場するチーニーの2アイレットです。約4年前SHIPSにて購入。
どうですか?ヒール磨くとつやが出ていい感じですよね。トゥほどに顔が映るまで磨かなくても良いのでそんなに手間ではないですし。
私の場合、いきなり最初から鏡面磨きはやらないんです。基本的には3ヶ月くらいかけてゆっくりと
鏡面磨きに達するようにしています。いきなりですと失敗することもありますし第一時間かかりますので。
DSC00663.jpg
このトゥはひび割れています。最初のころよくわからずクリームを塗らずワックスを塗ったりと色々
やっていたため革にダメージが入ってしまったんだと思います。
DSC00664.jpg
こちらはスコッチグレインのインペリアルⅡです。
これは革の色が薄いんで徐々に仕上げていきます。
こういうところが革の楽しいところですよね!




DSCF2645.jpg


今日はスコッチグレインのインペリアルで出勤しました。


インペリアルは何度か紹介してますがフジカーフというフランスのデュプイ社に別注した
カーフを使っています。やわらかいあるのが特徴ですが雨には非常に弱いです。

この靴の特徴はヒール、トゥ共にゴムを使用しており実用満点です。

正月に磨いたトゥが結構綺麗に光っているんですが写真だと分かりづらいですね。
ウィズは3Eのみなので若干大きめですが正月明けで疲れている体にはちょうど良いのかもしれませんね!
またこの靴は内側にピッグスキンを使っており靴を履く際、足のすべりが非常に良いです。

個人的に紺と茶は相性がいいと思っているので好きな組み合わせのひとつです。

紺のスーツは靴の色の選択肢が幅広く合わせやすいため気に入ってます。

【手帳】ルイヴィトン

手帳結局買いました

結局ルイヴィトンの純正手帳リフィールを買いました。
DSC00656.jpg
決め手は使い勝手がアクションプランナーに比べてあまり代わらないというところと、サイズがやはり
私の持っているノマドのビューローにぴったりサイズだったからです。また値下げもしてましたしね。
DSC00657.jpg
こういった地図もついていて、実用上はまったくありませんが遊び心はたっぷりです。
来年も買うか(買えるか)は微妙です。

私が使っているオメガのスピードマスターは風防がアクリル(いわゆるプラスチック製)のため、傷がつきやすいのが欠点です。以前は落としてしまい風防を割ってしまったこともあります。その分修理代はサファイアガラスに比べ安いんですが。割ってしまわないにせよ細かい傷は使っていくうちについてしまいます。今回はコレを落とす(綺麗に磨く)方法をお伝えします(ただ結構自己流なんで自己責任でお願いします)。まず歯磨き粉を...
オメガ スピードマスターのアクリル風防の研磨

アマダナの電卓です。見た目は結構おしゃれですよね。電卓としては破格のお値段ですがデザイン性を優先するのなら持っていても良いかもしれません。私の場合は写真の専用の革ケースをつけてます。専用だけあって相性は抜群ですね。このアマダナの電卓の最大の弱点はボタンが押しづらいところです。私のだけかも知れませんが。電卓自体の大きさが小ぶりのため、ちょっと使いづらい。携帯用と割り切れば良いのでしょうが、私の場合は...
アマダナの電卓

靴とは関係ないんですが12月の30日に旅行に行ってきました。
場所は伊東です。なかなか忙しくて決められませんでしたので直前あいていた宿に決めました。
伊東のMASTLAMPという宿です。ブイヤベースが美味しくて結構オススメです。

まずは朝の9時に船橋を出発しIKEAに行きました。なぜIKEAに行ったかというと今日の夜のむシャンパンのためグラスを買うためです。
今回のシャンパンはジョセフ・ペリエのロゼにしました。
ウィンザー公が認めたとか、シラク前フランス大統領が愛飲していたとか色々な薀蓄はありますが
モエに比べこちらの方が好きです。色も鮮やかですし。
DSC00653.jpg
さてIKEAでは朝食を食べました。モーニングプレートとサーモンをつけて850円ほどだったと思います
DSC00599.jpg
これで腹ごしらえをしていざ出発です。以外に年末とはいえ道はすいてました。分散化が進んでいるのか?通行量が減っているのかは不明ですが、東名はそこそこ混んでました。
小田原からはいつもの通りターンパイクを使い伊東へ行きました。
さて、宿のブイヤベースですが、美味しかったです!
DSC00601.jpg
あまりに美味しかったんで家でも作ってみようと思います。

朝食も手が込んでいて、スープ主体の料理でした。
翌日は箱根に行き、強羅でガラス細工やって、富士屋ホテルにて昼食を食べました。
富士屋ホテルは何度も泊まりそびれてますが一度泊まってみたいですね。
130周年らしく、ランチもスペシャルなランチが用意されてました。私は鱒料理を食べたかったんですが鱒料理はあいにくスペシャルなランチに入ってましたので今回は食べそびれました。
このホテルには資料館があり、過去の宿泊帳や、昔の計算機、昭和天皇愛用のゴルフクラブなどさまざまなものが展示されてます。どれも歴史的に価値の高いものと思いますので、
当ホテルにいかれた場合はぜひ資料館にも足を運んで見てはどうでしょうか?
富士屋ホテル

写真はターンパイクから見た富士山です。
伊豆2
夜は東京に戻り、神田のまつやにて年越し蕎麦を食べました。まつやも歴史がある蕎麦やですが
個人的にはちょっと高いな?と感じました。天ぷらそばで1,900円です。
2時間半待ったためすっかり風邪をひいてしまいました。


【靴紹介】JMウェストン

JMウェストンを磨きます

次はJMウェストンのサビルラインを磨きます。
この靴は私の足にぴったりとあってますので大変気に入ってます。
そういえばJMウェストン、値段下がってましたね。サビルラインのキャップトゥが83,000円になってました。ちょっと前までは11万程度だったんで結構な値下がりですね。
まぁ今の私は買えませんが・・
DSC00593.jpg
まずはクリームをつけます。今回は純正クリーム、次にコルドヌリのバーガンディを塗りました。色に深みをつけるためです。
ブラッシングし、余分なクリームを飛ばします。その後靴をマッサージするように丁寧に磨きます。
DSC00595.jpg
しかしJMウェストンのツヤもなかなか捨てがたいものがありますね。ウェストンはウィズの設定も細かいんで本当に良心的な靴メーカーです。
仕上げに鏡面仕上げをトゥに施しました。若干ピンボケ気味ですいません。
DSC00598.jpg

【靴メンテナンス】傷をつけたら・・

靴の傷をとりましょう

皆さん明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。12月は公私共にバタバタしておりなかなか更新ができませんでした。
申し訳ございません。
さて、仕事も終わり冬休みに入り今までの靴を綺麗にしようと思い念を入れて磨きました。
今回は2日にわけ、茶系の靴と黒系の靴で日をわけ靴を磨きました。
その中で茶系を磨く際、ちょうどいいネタがあったんでアップします。
DSC00588.jpg

これは
チーニー
ですが傷がついてます。ほかの靴にも見られたんですが12月は忙しかったのか?靴を磨く時間が無く、傷がついたまま放置していたようです。よくありませんね。
では靴についた傷をいかに消すか?(目立たなくするか?)を実践してみます。
こちらの傷のほうがやりがいがありそうですね。
DSC00589.jpg
結構深い傷です。どこでつけたんだろ?
ではまず傷の周辺のごみを取るためブラッシングを行います。
DSC00590.jpg
次に傷に刷り込むよう、クリームを塗りこみます。
DSC00591.jpg
しばらく時間を空け、余分なクリームを取るようブラッシングをします。
この際、ある程度時間をかけ、結構力を入れてブラシをかけます(この辺は各自自己責任でやってくださいね)。
こんな感じで目立たなくなりました。
DSC00592.jpg
フラッシュが当たっているためまだ目立ってますが肉眼では傷はあまりわかりません。

しばらく履いているとクリームがなじみ、何度か手入れをしているうちに傷もほとんど目立たなくなります。ただし、傷はできたらすぐに手入れをすることが必要です。


  

プロフィール

yousuke

Author:yousuke




靴の旅人の管理人、Yousukeです!
現在14足持ってます。ここ2年ほどは新作の購入はありません。
靴以外では、万双等の革製品が好きですね。
車は先日買い替えBMW525に乗ってます。
こちらのメンテも手がかかりそうです。
メンテの好きな性分のようです。



Googleで検索!


靴好きは必読!


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム


プライバシーポリシー

靴の旅人では、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、http://www.google.com/privacy_ads.htmlを参照してください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。